南部の柿の物語

定価 486円(税36円)
販売価格 486円(税36円)
購入数

[原材料]
青森県南部町産妙丹柿、砂糖

[内容量]
40g

[賞味期限]
製造日より半年

[保存方法]
直射日光を避け、常温保存
※干し柿の表面に白い粉が現れる事がありますが、柿の持つ甘み成分が結晶化したものです。
 同工場では、小麦、大豆、そばを使用した商品も製造しております。

[製造者]
なんぶ農援(株)

北限の渋柿、青森県南部町産の妙丹柿(みょうたんがき)を渋抜きし、セミドライに加工しました。

ドライフルーツにすることで、甘みと旨みが濃縮され、水溶性食物繊維が生柿の約6倍に!!
低温乾燥のセミドライ加工なので程よい弾力。しっかり噛んで、少量でも満腹感。
美容・健康・ダイエットのおやつにも!
無着色・無香料・無漂白・防腐剤不使用で子供も安心!

【妙丹柿について】
南部の柿の物語は、その昔、南部の殿様が参勤交代の折に持ち帰った「妙丹柿」が原点です。

甘味が強く、繊維や種子の少ない美しい形で、自然の妙用によってか、極めて美しい赤橙色(丹色)が特徴の柿です。

その昔、南部の殿様が参勤交代の帰り道、会津から大根に差し、大切に人の手で運ばれ持ち帰ったと言われる妙丹柿。
現在、南部地域に残る妙丹柿の樹齢は200年を超える老木も多く、その当時の一枝が根付いたものとも言われています。そんなロマンチックで暖かい、民話の世界をそのまま現代に伝える妙丹柿は、青森県南部地方に広く栽培され、昔は冬場の農民の糧、収入源として干し柿に加工され、全国へと流通していました。基本的に放任栽培で無剪定の妙丹柿は、高さ十数メートル。枝も折れやすく危険が伴うことから、生産者の高齢化が進んだ現代、収穫・加工する農家も少なくなっています。

この柿を見直し、なんぶ農援と地元南部町の名久井農業高校で共同開発した商品が、この「南部の柿の物語」です。
南部の柿の物語HPはこちらからご覧ください。

冬季限定商品「妙丹柿のチョコディップ」はこちらからどうぞ。
シリーズ商品「りんご」はこちらからどうぞ。
シリーズ商品「なし」はこちらからどうぞ。

人気シリーズ

なんぶの物語シリーズ 南部の殿様が伝えた妙丹柿
Top